FC2ブログ

アンラッキー未完成blog~男の潮吹きへの道(風俗体験レポ)

風俗、ヘルス、ソープ、ニューハーフ、回春、エステ、マッサージなどの体験記

アイヒ aihi 上野 ニューハーフ エステ

アイヒ aihi 上野 ニューハーフ エステ


最近は特に変わった出来事もなく、平凡な日々を過ごしている。こんな生活をしていていいのだろうか?どうも精神が弛んでいる気がする。


こんなことだから、バーベキューをすると俺の方ばかりに煙が来たり、トイレでお尻を拭くと紙が破れて指が穴に入ってきたり、といった不運なことが起こってしまうのだろう。


よし!自分の精神を鍛え、更には運気もレベルアップするべく上野へ行こう。


怪しい受付で怪しい兄ちゃんにコース説明を受けるも、その内容はヘ○スだった。


そこで携帯HPを見せると違うメニューを出してきた。60分-13,000円。


その後は担当嬢の待つ部屋へ。部屋の中は薄暗く顔までは確認出来ないが、大柄な嬢であることは分かった。後ろ姿は、Kettyに女のカツラを被せた感じだ。


シャワーを浴びて施術スタート。すぐにパクっとしてきた。そして「あなたもパクっとしてみて?」と言われる。「そんなナマコのような巨大なモノは息苦しくて無理ですよ。」とキッパリと断る。


何度かそんなやり取りを経て、最終的には慈悲深い攻撃を受けて撃沈。


その後はシャワーを浴びて店を後にした。最寄駅からは自転車で自宅まで。いつもは自転車のカゴに空き缶が入れられているのだが、今回は何も入ってなかった。早くも運気が上がってきたのか!

スポンサーサイト
[PR]

  1. 2010/10/25(月) 15:59:52|
  2. 回春・エステ 上野・御徒町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:44

ブループラネット 上野 エステ

ブループラネット 上野 エステ


ある日の休日。自宅で「カバディ」について研究していたのだが、集中力が切れて寝てしまう。


数時間後、指と指の間をクワガタにはさまれる夢を見て目を覚ます。


ヨダレを拭きシャワーへ。チュッパチャップス並みのアソコを丹念に洗い、上野へ。


駅からお店に向かう途中に外国人に外国語で道を聞かれ、アホな子の振りをしてその場を逃れる。


何とかお店に到着。80分コース。たしか17,000円くらい。


お相手はゴージャスそうな女性。「ジャスコ直進40km」という看板のあるような田舎にはいないタイプ。ガリガリ君の当たり棒なんて躊躇なく寄付するだろう。


施術開始と同時に当たり障りのない会話が始まる。「年齢はおいくつですか?」と聞かれ、「いくつに見える?」と聞いたら、ズバリ当てられ、何か気まずい空気になる。


何とかこの空気を一新しようと古畑任三郎のモノマネを試みるも見事にスルー。「底ぬけAIR-LINE」並みにスベってしまった。


結局、気まずい空気のまま施術は終了。次回は、汚れたタンクトップにマシンガンを持ってワイルドさをアピールしてみよう。そう思いながら店を後にした。

  1. 2010/09/29(水) 14:16:39|
  2. 回春・エステ 上野・御徒町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジカルマッサージ 上野 回春

マジカルマッサージ 上野 回春


上野へ。日本人回春店のようなので行ってみた。古びたビルの一室。ホモっぽい店主にコース説明を受け90分-13,000円(割引込)のコースに。その後セラピストの待つ違うフロアの部屋に案内される。


担当は美形の日本人セラピスト。俺のことがタイプなのか恥ずかしそうにこちらを見ている。ここで気の利いた言葉を浴びせれば、俺に惚れること間違しと考え「あなたは足が速そうですね」と行ってみた。セラピストは一瞬言葉を失っていたので効果はあったのかもしれない。


シャワーへ。全身を洗い終えてすぐに浴室を出ようかとも思ったのだが、時には可愛らしさをアピールすることも大切と昔、平凡パンチで読んだことがあったので、髪を洗いキューピーみたいに髪を垂直に立てたまま浴室を出てみた。セラピストはビックリしていたが、その表情は「これは運命の出会いかも」と言っているようにも思えた。


部屋に戻り、全裸でうつ伏せになり施術スタート。指圧はなくオイルマッサージから。ふくらはぎ・太ももとマッサージしていき、鼠蹊部まで手が伸びる。俺の肉体美に惚れ込んだのか「何か運動はされていますか?」と聞いてきた。「白新高校の不知火(ドカベン)のように帽子のツバに切り込みを入れながら野球をしています」と答えた。これで完全に俺のことを好きになったに違いない。


両足が終ると上半身へ。全体的にソフトだがまあまあ上手い。ここで「特に右側が凝っているようですが、ハードなお仕事なんですか?」と聞いてきた。職業を聞くことで結婚の計算をしているのかもしれない。ここは一先ず濁した方がいいと判断し「定食屋で隣の客が左利きだったので、食べる時にヒジがぶつかり合ったせいかもしれません」と答えてみた。こうやって、一旦突き放すことによって、更に俺のことを欲してくるに違いない。


全身のオイルを拭き取った後は回春が始まる。うつ伏せ状態のまま腕を下に潜り込ませタマと接触させる。先程の焦らしが効いたのか早々に睾丸マッサージが始まる。どうしても俺のアソコを触りたいようだ。次回はもっと焦らすために家を出る時からゴムを装着してくるのが効果的だ。


四つん這いでも睾丸マッサージが続き、アソコはMAX状態に。仰向けでも長時間の回春が続き、最終的には予想通りの展開に。シャワーを浴びて部屋を出る時には俺の電話番号を聞きたそうな顔をしていたが、敢えて心を鬼にして店を後にした。こうすることで尚更俺のことが忘れられなくなるだろう。


こんな心理合戦をして一度も上手くいった試しはない。

  1. 2008/10/20(月) 11:37:45|
  2. 回春・エステ 上野・御徒町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:48

楽楽 御徒町・上野 回春

楽楽 御徒町・上野 回春


御徒町へ。HPを見つけ安いという理由だけで行ってみた。地味なマンションの一室。コース説明を受け60分か90分かで迷う。全く当てにならない勘を働かせて、90分-9,000円のアロマオイル+回春のコースに。


担当は笑顔が似合うふくよかな小姐。シャワーを浴び、うつ伏せになって施術スタート。金額的にも全く期待していない割には指圧は上手かった。毎回同じようなレポになっている気がするが気のせいだろうか?マニキュアをしてオ○ニーすると何故か気持ち良いような気がするが、これも気のせいだろうか?


そしてオイルへ。力強くなかなか上手い。ゆっくりと丁寧なマッサージ。下半身では足裏・ふくらはぎを終えると太もも・鼠蹊部中心になる。しかし際どさは一切ない。この先も際どさがないような気がするが気のせいだろうか?顔を黒く塗って走ると、もの凄く早く走れる気がするが、これも気のせいだろうか?


全身のオイルが終わると蒸しタオルでオイルを拭き取り仰向けに。小姐に両足首を鷲掴みされ、ガニ股状態になる。もの凄く恥ずかしい格好のような気がするが気のせいだろうか?鼻がピーピー鳴っているといつまでも鳴らし続けたいというこの気持ち、これも気のせいだろうか?


小姐は、股の間に座り込みサワサワと触り出す。これがこの店の回春のようだ。指先で全身をサワサワし、徐々にアソコ中心のサワサワになる。結構、露骨な手の動きのような気がするが気のせいだろうか?かめはめ波の練習をしているところを母親に見られたような気がするが、これも気のせいだろうか?


小姐に多彩な攻撃をされているうちに気持ち良さがMAX状態になり、最終的には予想通りの展開に。後半はかなり濃い内容だった気がするが、気のせいだろうか?先日、酔っ払って婆ちゃんの部屋にオシッコをしてしまったが、気のせいであることを祈る。

  1. 2008/07/31(木) 10:56:30|
  2. 回春・エステ 上野・御徒町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

アンジュ 御徒町 リンパエステ

アンジュ 御徒町 リンパエステ


格闘技のDVDを見ていたら興奮し、自分もアスリートになった気分で、TBSのバースデイのBGMを口ずさみながらランニングをしてみたが、100メートル程走ったところで限界に達してしまった。しかし、ストイックな俺はそんな極限状態の中、あと50メートルだけ走り帰宅した。


達成感に浸りながら、シャワーを浴び、髪型をセットする。ヘアスプレーと間違えて殺虫剤を頭にかけてしまったが、どうってことはない。こういうワイルドで反社会的な一面も持ち合わせているんだ。


御徒町へ。オープンして間もないお店なので、店内は綺麗だった。若いママさんにコース説明を受け、アロマリンパコース90分‐11,000円に。


本日の担当は小柄な小姐だったが、施術者の半分は日本人セラピストとのこと。シャワー後に紙パンツを渡される。Tバックであることを祈ったが、普通のパンツだった。しかし、俺は動じない。先日も立ちションをした場所に「飼い主の方へ。ここはトイレではありません」という看板があった。こういう反社会的で尾崎豊みたいな反発心も持ち合わせているんだ。


シャワーを終え、部屋に戻り、うつ伏せで施術スタート。腰を指圧されるが、結構上手い。聞くとママさんが厳しいらしく研修にもかなりの時間を掛けているとのこと。ここのママさんはかなりストイックのようだ。しかし、俺にはかなわないだろう。俺は「熱っぽいな」と思っても体温を測らない時もある。そういうストイックな一面もあるんだ。


オイルが一通り終わると小姐は股の間に移動する。そして、鼠蹊部中心の施術。力加減も絶妙で心地良い。時々、指先がタマに触れることもあり、アソコは徐々に反応し始めた。しかし、今日の俺は簡単にはMAXにならない。ここへ来る途中も、コンビニの「ビン・缶専用」のゴミ箱にガムの包み紙を捨ててきた。こういう反社会的な一面もあるんだ。


鼠蹊部中心の施術が続き、ここからが期待大!と思ったら、小姐の携帯が鳴り、話しながら部屋を出て行った。これは大きなマイナスだが、今日の俺にはどうってことはない。友達の家でポテトチップスを食べてても、分からないようにクッションで指を拭いたりする。こういう反社会的な一面もあるんだ。


しばらくすると小姐が部屋に戻ってきて仰向けに。そこからは長時間の鼠蹊部の施術で終了。際どさは少なく、健全な施術だったが、個人的には満足だった。

  1. 2008/05/13(火) 12:53:48|
  2. 回春・エステ 上野・御徒町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
次のページ